ふゆのそら

日記やそのつど感じたこと、好きな本や映画について かいてみたいとおもいました。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




祝婚歌 :: 2010/09/08(Wed)
私の好きな茨木のり子さんが大好きな(笑)吉野弘さんの「祝婚歌」
とてもいいので、載せますね。


二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎるということは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちのどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい


とてもいいなと思うのです
特に、私は、
「正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい
 正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい」

「なぜ胸が熱くなるのか 
 黙っていても 二人にはわかるのであってほしい」

ここが心に残りました。



スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. ちょっといい話
  2. | trackback:0
  3. | comment:8




これでいいのだ :: 2010/06/08(Tue)
まえにも、タモリさんが好きだと書いたことがありますが(笑)
いま、NHKで、「ブラタモリ」という番組の再放送がありまして、
それがマイブームです(笑)
東京の古地図を見ながら、街を歩く。
東京は、江戸でしたから、
そりゃあもう、大名屋敷などいっぱいありましたからね。
江戸時代の地図と、明治時代の地図を比べても、
歴史の動きが見えて、おもしろい。

坂が好きで、建築物が好きで、地図が好きで、石垣が好きで、
橋が好きで、音楽が好きで、電車も好きで・・・
多才な人なので、
なんでもないものが、タモリさんの目を通すと、面白くなります。

赤塚不二夫さんがなくなったときのタモリさんの弔辞。
白紙だったことは有名ですが、
8分もの間、一度も詰まることなく、
心からの言葉でした。
さすが!!と思いました(*^_^*)

その中の一部なんですが、
「・・・あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに、前向きに肯定し、
受け入れることです。
 それによって人間は重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、
 また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。
 この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち『これでいいのだ』と。・・・」
というところがあります。

「これでいいのだ」

この言葉の中に込められた思いを知ることができて、
夕日に向かって歩いていたパパとバカボンの姿に、
大切な物を教えてもらっていたんだなぁと、思いました。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. ちょっといい話
  2. | trackback:0
  3. | comment:8




ある本に書いてあった言葉 :: 2010/06/04(Fri)
・・・ある本に書いてあった言葉です。・・・

「古いものには魂が宿る。
100年も生きられない人間にも魂があるのに、それよりもずっと長生きの、
樹齢何百年なんていう木が、魂もなく生きていけると思いますか?」


木々だけでなく、物にもいえることかな、と。
長い間受け継がれてきたものには、魂くらい宿るだろうと思うのです、私も。



「植物のように生きる。
意識の深いところに根を下ろし、生きるための養分を吸出し、
傷ついたときには樹液を出して固い節を作る知恵を覚えたい。
幹を太くして、昔の表皮から抜け出す勇気を持ち、
害虫の攻撃には毅然と対応し、
どんなに風が吹いても枝だけを揺らし、
根元はびくともしない堅固な自分を持ちたい。」


植物というのは、
水と空気とお日様の力で、花と実と種を作り、
そのくせ汚染物質を出さない、無公害工場なんだそうです。
人間も、それを目指すべきなんでしょうね。

・・・どんなに風が吹いても枝だけを揺らし、根元はびくともしない・・・
私も、そうなりたいです。


IMGP1528_convert_20100604115642.jpg
今日咲いた「ほたるぶくろ」です(*^_^*)

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. ちょっといい話
  2. | trackback:0
  3. | comment:8




たとえ明日・・・ :: 2009/07/19(Sun)
「たとえ明日、世界が終わりになろうとも、今日、私は、リンゴの木を植える」

なんとなくいいなぁと、私のアンテナに引っかかった言葉です。
意味は、
「どんな状況の時でも 最後まで希望を信じて 明日の為に今日出来る事にベストを尽くす」
ということらしいです。
そんな小難しい意味を考える前に、私の感覚的なところで、気に入ってしまった言葉です。

私も、そうありたいなぁと思います。

P1010712_convert_20090719000340.jpg


テーマ:おすすめ+゜ - ジャンル:ブログ

  1. ちょっといい話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ちりとてちん :: 2009/05/23(Sat)
朝のドラマで、「ちりとてちん」というのが前にあって、
私はそれが大好きでした。

どんくさい(大阪言葉です)なにをやっても物事がすんなり行かない主人公なんですけれど・・・
いや、主人公だけでなくて、
出てくるほとんどの人がなにかしら抱えて生きているのですが・・・

不幸だらけやと思われていた人生が、
良い師匠に出会い、、優しい人に見守られながら、
人生捨てたもんやないと思わせてくれるドラマでした。

ちゃんと見ていてくれる人がいる、ということの幸せに、気づかせてくれるドラマでした。
(師匠がまた、いいのだ)

そこの中に出てくるひとこと
一生懸命なアホほど、厄介なもんはないで
      ほやけど、一生懸命なアホほど、いとおしいものはない


テーマ:ちょっといい話 - ジャンル:ブログ

  1. ちょっといい話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。