ふゆのそら

日記やそのつど感じたこと、好きな本や映画について かいてみたいとおもいました。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




21世紀に生きる君たちへ :: 2010/06/27(Sun)
司馬遼太郎著
「21世紀に生きる君たちへ」
51WA8HPRTVL__SL500_AA300__convert_20100627154432.jpg

この本は、子どもにもわかるように、書いてあります。
(といっても、司馬遼太郎さんなので、小学生の高学年か、中学生くらいかな)

これから未来を生きていく子どもたちへ、
司馬さんからのメッセージです。

まず、自然に生かされているということ。
自然を尊敬することは、
自然の一部である人間同士も尊敬しあうようになるに違いない・・・と。

「自分に厳しく、相手にはやさしく」という自己を、確立しなければならない・・・と。
そして、このやさしさは、本能から来るものではなくて、
訓練してそれを身につけるものなのだ・・・と。
人の痛みを感じる心の根が根付いていけば、
他民族へのいたわりという気持ちも湧き出てくる。
そうすれば、21世紀は人類が仲良しで暮らせる時代になるに違いない・・・と。

そして、頼もしい人になりなさいと。

歴史小説を書いてきた人間として言えることは、
歴史から学んだ人間の基本的なことだと。

つねに晴れあがった空のように、たかだかとした心で、
ずっしりとたくましい足取りで、
大地をふみしめつつ歩かなければならない・・・と。

この思いが、未来を生きる子どもたちに、伝わるといいなぁ。

一緒に、JINで出てきた、医師、緒形洪庵の話ものってます。
「利を求めず、名を捨てて、
自分を捨てて、人を救うことだけ考えよ」
こういう生き方の人だったんですね。

子どもたちの、人生の素晴らしい先輩は、たくさんいます。


スポンサーサイト


テーマ:おすすめ+゜ - ジャンル:ブログ

  1. サランヘヨ My BOOK
  2. | trackback:0
  3. | comment:14



<<会えてうれしい(*^_^*) | top | 満月~部分月食>>


comment

本当にsoraさんとは、好みが近いかも。
子どもたちに届けたい文章ですよね。
残り時間の少なくなった司馬遼太郎さんが、子どもを自分と対等な人格として、説教するのではなく希望をつなごうとする、そんな気がします。
こんな素晴らしい子ども向けの読み物を世に出した大阪書籍がなくなってしまったというのは、残念なことですね。
筆者の思いと共に、これを教科書として世に出した人の志も感じられる作品だと思います。
  1. 2010/06/27(Sun) 18:37:22 |
  2. URL |
  3. とこ #G5Zeud3U
  4. [ 編集 ]

こんばんは

soraさんの記事を拝見し、私も本棚から久々に、この本を取り出して読みました。
持ってきました。
「人間は、自分で生きているのではなく、大きな存在によって生かされている。」
この言葉、最近になってようやく実感としてかみ締めることが出来るようになってきつつあります。
自然物としての人間が孤立しては生きられず、「助け合う」「他人の痛みをわかる」ことの大切さを自分もそうですが、子供達世代に伝えていきたいものです。親の役目も重大ですね。
  1. 2010/06/27(Sun) 19:17:58 |
  2. URL |
  3. houkisou #-
  4. [ 編集 ]

昨日は久しぶりにお話しできて嬉しかったです。

soraさんはいろいろな本をたくさん読んでいらっしゃるので感心しています。
今日は司馬遼太郎さんだし・・・。

本も読む世代で感じ方が違うのも面白いですよね?
昔読んだものを今、読み返すと気づくことがたくさんあったりします。

ところでsoraさんひとりっ子なのですか?
私もなんですよ。
だから、想像力ばかり豊かになってしまいました。(笑)
  1. 2010/06/27(Sun) 21:23:04 |
  2. URL |
  3. 葉月 #-
  4. [ 編集 ]

soraさん、いつも素敵な本を教えてくださりありがとうございます。
私も本大好きですが、ジャンルは狭いです(笑)

でもちょっと前の記事に「赤毛のアン」があって、私も同じ本もっていて、おんなじくらいボロボロです(笑)。カバーもおなじですよ!村岡花子さんの訳ですよね。美しい日本語ですよね。
何回通読したかわかりません。

うれしくなっちゃいました~!

これからも本情報楽しみにしています☆
  1. 2010/06/27(Sun) 21:28:32 |
  2. URL |
  3. まみらし #0NxsrPdU
  4. [ 編集 ]

 こんばんわ。ご無沙汰しています。
わぁ、司馬様、やっぱり、良いことおっしゃる!!
 子供にももちろん、読んでほしいけど、
これは、今の大人達も知るべきですねぇ。
 私も・・・この本探してみます。
ぜひ、読んでみたい!!
  1. 2010/06/27(Sun) 22:28:17 |
  2. URL |
  3. たかもー母 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

とこさん、こんばんは(*^_^*)

> 本当にsoraさんとは、好みが近いかも。

おっ、うれしいです(*^^)v

> 子どもたちに届けたい文章ですよね。
> 残り時間の少なくなった司馬遼太郎さんが、
子どもを自分と対等な人格として、
説教するのではなく希望をつなごうとする、そんな気がします。

歴史作家の司馬さんだからこその言葉ですね。

> こんな素晴らしい子ども向けの読み物を世に出した大阪書籍がなくなってしまったというのは、残念なことですね。
> 筆者の思いと共に、これを教科書として世に出した人の志も感じられる作品だと思います。

大阪書籍、なくなったんですか?
知りませんでした。びっくりです。
残念ですね。
  1. 2010/06/27(Sun) 23:14:53 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

houkisouさん、こんばんは(*^_^*)

> soraさんの記事を拝見し、私も本棚から久々に、この本を取り出して読みました。
> 持ってきました。

持ってらしたんですね。
同じですね~(*^^)v

> 「人間は、自分で生きているのではなく、大きな存在によって生かされている。」
> この言葉、最近になってようやく実感としてかみ締めることが出来るようになってきつつあります。
> 自然物としての人間が孤立しては生きられず、「助け合う」「他人の痛みをわかる」ことの大切さを自分もそうですが、子供達世代に伝えていきたいものです。親の役目も重大ですね。

「生かされている」ってことを忘れそうになりますが、
大事なことですね。
この本は、未来への希望だと思います。
子どもに伝えていきたいです。
  1. 2010/06/27(Sun) 23:17:34 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

葉月さん、こんばんは(*^_^*)

> 昨日は久しぶりにお話しできて嬉しかったです。

ほんとにご無沙汰しましたm(__)m

> soraさんはいろいろな本をたくさん読んでいらっしゃるので感心しています。
> 今日は司馬遼太郎さんだし・・・。

司馬さんは、歴史好き→「龍馬が行く」→司馬さん、というつながりです(*^_^*)

> 本も読む世代で感じ方が違うのも面白いですよね?
> 昔読んだものを今、読み返すと気づくことがたくさんあったりします。

映画もそうですね。
「ティファニーで朝食を」も、昔見たときはあまり好きではなかったんですが、
大人になってから見て、いい映画だなぁと思いましたもの(笑)

> ところでsoraさんひとりっ子なのですか?
> 私もなんですよ。

そうです。一人っ子です。
(友人からは、そうは見えないといわれますが・・・(笑))
葉月さんもですか?

> だから、想像力ばかり豊かになってしまいました。(笑)

やはりそうですよね。
一人っ子はそうなりますねv-219(笑)
  1. 2010/06/27(Sun) 23:24:46 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まみらしさん、こんばんは。(*^_^*)

> soraさん、いつも素敵な本を教えてくださりありがとうございます。
> 私も本大好きですが、ジャンルは狭いです(笑)

い~~~ろんな本がありますが(笑)
どっかで、つながってる気がしてます(笑)

> でもちょっと前の記事に「赤毛のアン」があって、私も同じ本もっていて、おんなじくらいボロボロです(笑)。カバーもおなじですよ!村岡花子さんの訳ですよね。美しい日本語ですよね。
> 何回通読したかわかりません。
> うれしくなっちゃいました~!

そうなんですか?!!(*^_^*)
お仲間がいて、私もうれしいです。
他にも何人か、同じような方がいらっしゃるみたいですね。
やはり、アンは、不滅です(笑)
それにしても、改めて見て、
あまりに表紙がぼろぼなのに、自分で、驚きました(笑)
村岡花子さんの訳、私も素晴らしいと思います。
  1. 2010/06/27(Sun) 23:31:04 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たかもー母さん、こんばんは。(*^_^*)

> わぁ、司馬様、やっぱり、良いことおっしゃる!!
>  子供にももちろん、読んでほしいけど、
> これは、今の大人達も知るべきですねぇ。
>  私も・・・この本探してみます。
> ぜひ、読んでみたい!!

そうですね。大人にとっても大事なことですね。
司馬さんが、ほんとに、未来の子どもたちに、
希望を託したんだと思います。
  1. 2010/06/27(Sun) 23:34:22 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

こんばんは。
訪問履歴からお邪魔しに来ました。
京都の方なんですね、なんだかそれだけで嬉しい気持ちになります。

自分に厳しく、相手にはやさしく

難しいことですね。
私は、自分に甘く、人には厳しく、
ついついそうなってしまいます。
時々、(あんたはそんなにえらいのかっ)と、自分が嫌になるときがあります。

↑ちなみに私も一人っ子です (*^_^*)
  1. 2010/06/27(Sun) 23:41:10 |
  2. URL |
  3. Rosa #-
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

Rosaさん、こんばんは(*^_^*)

ようこそ。コメントありがとうございます。

> 京都の方なんですね、なんだかそれだけで嬉しい気持ちになります。

Rosaさんも、京都なんですよね。
お仲間がいて、うれしいです。

> 自分に厳しく、相手にはやさしく
> 難しいことですね。
> 私は、自分に甘く、人には厳しく、
> ついついそうなってしまいます。
> 時々、(あんたはそんなにえらいのかっ)と、自分が嫌になるときがあります。

(笑)私は、相手には優しく、はできても、
自分に厳しくができません^^;
甘々です
それが嫌になります。

> ↑ちなみに私も一人っ子です (*^_^*)

あらっ。一人っ子、多いですね(笑)
同じですね(*^_^*)
  1. 2010/06/27(Sun) 23:57:45 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

sora様

こんにちは☆

司馬遼太郎さんは
学ぶ内容が多くて流れで読むよりも
時間かかっても
じっくり読んでしまいます。

生かされていることと
頼もしい人になるということ

娘達に
伝えたい大事なことですよね。
もし縁あって
子供に恵まれたら
また伝えていって欲しいですね。

  1. 2010/06/28(Mon) 14:57:36 |
  2. URL |
  3. モノ☆ママ #-
  4. [ 編集 ]

Re: sora様

モノ☆ママさん、こんばんは(*^_^*)

司馬さんの文章は、やはり少し難しいので、
私も、じっくり読みます。

> 生かされていることと
> 頼もしい人になるということ

> 娘達に
> 伝えたい大事なことですよね。
> もし縁あって
> 子供に恵まれたら
> また伝えていって欲しいですね。

そうですね。そうやって、次々と大事なことが伝えられていくのはいいものですね。
  1. 2010/06/28(Mon) 22:43:17 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asuka0102.blog47.fc2.com/tb.php/445-0327b46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。