ふゆのそら

日記やそのつど感じたこと、好きな本や映画について かいてみたいとおもいました。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




歴史の話 :: 2010/10/08(Fri)
今日は大好きな歴史の話。
興味のないかたは、ごめんなさいね。

とうとう、坂本龍馬さんが、才谷梅太郎さんになりました。
「龍馬伝」の話です。
そうなると、もう、危なくなってきたということで・・・
暗殺も近いですね(>_<)

前回は清風邸会談(土佐の後藤正二郎と龍馬が手を結んだ話し合い)でしたが、
このあと、土佐と、薩摩が同盟を結びます。(すぐに破綻しますが)
そして、海援隊を作り、
いろは丸事件というのがおこります。
海援隊の船と、紀州藩の船が衝突するんです。
その事件の決着もつけ、
船中八策というその後の政府の形のようなものをつくるのにも参加し、
イカルス号事件というのも、解決し、
北海道(蝦夷地)の開拓も考え、
そのかたわら、グラバーさんから武器を買ったりもしてたんですね。

な~んて事が、10ヶ月の間におこります。
そして暗殺です。
なんと忙しい人生なんでしょうね。
人の何倍もの人生を生きた感じですね。。

ここで、ふと疑問に思うのが、江戸より東の藩や人は、どうしていたのか・・・です。
薩摩、長州、土佐、肥前・・・
幕末によく出てくるのは、この辺りです。
江戸より西。
じゃあ、それ以外の藩はどうしてたのか・・・

歴史ってこういうところが、面白いです。
日の当るところ以外が、また面白いんですよ。

西のほうで、なにやら日本がひっくり返るような動きがあると。
さて、その中心にいない、自分たちの藩はどうしよう・・・と、当然考えたことでしょう。

そりゃ、隠密とかの情報は、随時入ってたでしょうけどね。
あれよあれよという間に、西のほうでどんどんことが動いていって、
「大政奉還?」「まさかぁ」「うそ~」
なんて感じでしょうか(笑)

たとえば、どうして会津藩は新政府と戦うことになったのか。
なぜ、白虎隊のような若い青年たちが死ななければならなかったのか・・・
それは、
会津藩の松平容保さんが、京都守護職だったからなんですね。
龍馬を暗殺したかもしれないといわれている、新選組や、見回り隊のトップです。
すなわち、旧幕府側になっちゃったんですね。
で、新政府ができたとき、
会津藩は、朝敵となってしまい、攻められて、戊辰戦争で、負けてしまったんです。

当時は、ちょっとしたことで、勝ち組負け組みになってしまったんですね。

うま~く時勢を乗り切った人だけが、
生き残ったということです。

・・・木戸孝允のようにね^^;


さて、何の関係もないですが、ふと聞きたくなったので・・・
ユーミンの「晩夏」

秋ですねぇ~


スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 歴史好き
  2. | trackback:0
  3. | comment:6



<<ルパン三世 カリオストロの城 | top | 工作、虹、ノーベル賞>>


comment

才谷梅太郎さん?

龍馬の別名? 全然知りませんでした
お龍と一緒に「そんな名前イヤ!」ってTVの前で呟いてました(笑)
書く人によって変わるのでしょうけど 新撰組!の時の暗殺はあまりにも突然の出来事でした
全速力で駆け抜けた龍馬さん
毎回 ドラマをみながら 人生の儚さ・・・(虚しさって言ってはダメね)に胸打たれます
そんな年齢になったのかな・・・
↓泥団子 息子が保育所の時に先生から聞いた話ですけど
上手に作る子は『理科』が得意なんだそうですよ♪
  1. 2010/10/08(Fri) 09:07:39 |
  2. URL |
  3. 蛍 #-
  4. [ 編集 ]

 この記事を読んで、確かに東の人たちはどうしてたんだろう??
って思いました。
 不思議ですねぇ。

もうそろそろ、「龍馬伝」も終わりに近づいてますよねぇ。
 私、前回の、ママ友と電話しながら見たもので、
しっかり見られなかったのです。
(DVDは壊れたままなので、録画出来ない)
唯一、夫婦で「龍馬伝」だけは頑張って家に戻ってたので、なんだか、寂しいです。
  1. 2010/10/08(Fri) 11:29:09 |
  2. URL |
  3. たかもー母 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 才谷梅太郎さん?

蛍さん、こんばんは(*^_^*)

> 龍馬の別名? 全然知りませんでした
> お龍と一緒に「そんな名前イヤ!」ってTVの前で呟いてました(笑)

才谷というのは、坂本家の本家の名前です。
もう「坂本龍馬」では、危なくなってきたんですね。

> 書く人によって変わるのでしょうけど 新撰組!の時の暗殺はあまりにも突然の出来事でした
> 全速力で駆け抜けた龍馬さん
> 毎回 ドラマをみながら 人生の儚さ・・・(虚しさって言ってはダメね)に胸打たれます
> そんな年齢になったのかな・・・

あと少しですけど、誰に暗殺されるんでしょうね。
大政奉還が、うまくいった1ヵ月後ですからねぇ。

> ↓泥団子 息子が保育所の時に先生から聞いた話ですけど
> 上手に作る子は『理科』が得意なんだそうですよ♪

そうなんですか?!
私は、また、指先が器用な子だから、
芸術系かとおもってましたよ。

  1. 2010/10/08(Fri) 18:17:11 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たかもー母さん、こんばんは(*^_^*)

>  この記事を読んで、確かに東の人たちはどうしてたんだろう??
> って思いました。
>  不思議ですねぇ。

そうですよねぇ。
勝手にどんどん決まっていくのを、どうすることもできずに見てるんですもんね。

> もうそろそろ、「龍馬伝」も終わりに近づいてますよねぇ。
>  私、前回の、ママ友と電話しながら見たもので、
> しっかり見られなかったのです。
> (DVDは壊れたままなので、録画出来ない)
> 唯一、夫婦で「龍馬伝」だけは頑張って家に戻ってたので、なんだか、寂しいです。

そうなんですか!!
前回の、かっこよかったのになぁ。
あと数回で、暗殺ですね(>_<)
  1. 2010/10/08(Fri) 18:19:38 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

別名知りませんでした。
短い間にいろいろあるんですね~。
寺田屋で襲われた回では、龍馬さんが生きのびたことは知っていても、SP役のみやけさんが生きのびたかどうか知らなかったので、
「あぶない!」とか「みやけさ~ん、大丈夫!?」とドキドキしましたe-454
初心者ならではの楽しみ方ですね。
  1. 2010/10/08(Fri) 20:14:29 |
  2. URL |
  3. とこ #G5Zeud3U
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

とこさん、こんばんは(*^_^*)

> 別名知りませんでした。

坂本龍馬では、危なくなってきたんでしょうね(>_<)

> 短い間にいろいろあるんですね~。

ほんとに、めまぐるしいですね。
濃い~い数ヶ月です。

> 寺田屋で襲われた回では、龍馬さんが生きのびたことは知っていても、SP役のみやけさんが生きのびたかどうか知らなかったので、
> 「あぶない!」とか「みやけさ~ん、大丈夫!?」とドキドキしましたe-454
> 初心者ならではの楽しみ方ですね。

その役の筧さんは、撮影で、おでこに穴が開いたそうです。
敵役の人の剣が刺さって^^;
龍馬さんも、青あざだらけだったそうです^^;
凄い撮影だったんですね。
  1. 2010/10/08(Fri) 22:55:32 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asuka0102.blog47.fc2.com/tb.php/563-9eafdd55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。