ふゆのそら

日記やそのつど感じたこと、好きな本や映画について かいてみたいとおもいました。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




1月17日 :: 2011/01/17(Mon)
1月17日です。
阪神淡路大震災があった日です。
16年前の、あの朝、京都も揺れました。
まだ三男は生まれてなくて、長男と次男はまだ幼稚園でした。
親子4人、並んで寝ていましたが、
朝のゆれで目が覚めて、2人の上にかぶさったのを覚えています。
そのあとすぐに、水戸にいる友人から「大丈夫か?」と、電話があり、
テレビをつけて、初めて事態を知りました。

神戸が大変なことになっている・・・と。

私の母は神戸生まれなので、
小さいときから神戸にはよく行ってましたから、
あの映像は、ショックでした。
私は戦争を知らないけれど、焼け野原というのはこういうことを言うのか、
と思うほど、街が一変していました。

それからしばらくして、
子どもたちが通ってる幼稚園にも、
神戸から親戚の家に避難してきた子どもさんたちが、
何人か通ってこられて。
京都があれだけ揺れたんだから、神戸は、どれほどすごかったかと思います。

何ヶ月かして、母と神戸に行きました。
あちこちの屋根にブルーシートがかけられていて、
あの神戸が・・・と、
悲しい気持ちになりました。

あの寒かった冬に、どれほど大変だったことか。
復興した神戸の街を見るたびに、
よくぞここまで・・・と、思います。
でも・・・・・・昔の神戸では、ないのです。


「その街のこども」という映画が、今あちこちで順次上映中です。
以前、NHKでドラマになったものに、新たに映像を追加して、映画にしたものです。

337862_004_convert_20110116172213.jpg
『その街のこども 劇場版』は、
子どものころに阪神・淡路大震災で被災し、
現在は東京で暮らす勇治(森山未来)と美夏(佐藤江梨子)が、
追悼の集いが行われる前日に神戸で偶然知り合い、
それぞれの心に残る“震災の傷”と向き合う姿を描いています。

私は、ドラマのほうを見たんですが、
ドキュメンタリータッチでえがかれていて、
震災を知ってるものにとっては、とても心に沁みるものでした。
あの日、たくさんの人の人生が、変わってしまいました。

忘れることはできません。
スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:6



<<いろいろ | top | ウォーキング>>


comment

こんにちは
今日は朝から阪神淡路大震災のニュースが流れています
こんな寒い時期に 皆さん大変だっただろうと思います
離れていれば そして知り合いが無ければ 
だんだん疎くなっています
地震の怖さを経験したことが無い私は心して生活しなければと 
しみじみ感じました
  1. 2011/01/17(Mon) 14:03:26 |
  2. URL |
  3. ううたん #-
  4. [ 編集 ]

今日でしたね。

ほんとにこの寒い時期に・・・
大変だったでしょうね。
まだ海のない県にいた頃なんですが、
親戚がいたものですから
もう慌てちゃいました。
こどもがまだ小さくて動けないのが
辛かったですね。
自然の災害にはほんとかなわないですね。
  1. 2011/01/17(Mon) 15:23:51 |
  2. URL |
  3. ねぇーねぇー #-
  4. [ 編集 ]

淡路大震災は 私の誕生日の翌朝だったのもあり、
よく覚えています。
朝、めざましテレビをつけたら八木アナウンサーの目が真っ赤で、
映像を見た時は一瞬戦争が始まったのかと思いました。

あれから16年も経つんですね。
今もその傷を背負って生きておられる方達が沢山いらっしゃるでしょうね。
沢山の悲しみの中 復興した神戸。
どんなにつらかっただろうという思いと、復興した神戸の映像を見て、
人間って強いんだっていうことも改めて思わせてもらいました。

『その街のこども』 観てみたいです☆
  1. 2011/01/17(Mon) 16:31:21 |
  2. URL |
  3. yoko #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ううたんさん、こんばんは(*^_^*)

> 今日は朝から阪神淡路大震災のニュースが流れています
> こんな寒い時期に 皆さん大変だっただろうと思います
> 離れていれば そして知り合いが無ければ 
> だんだん疎くなっています

あちこちで災害がありますが、
近く出なければ、どんどん風化していきますね。
想像力が、必要になりますね。

> 地震の怖さを経験したことが無い私は心して生活しなければと 
> しみじみ感じました

地震の怖さは、経験しないとわからないですね。
京都も、時々、グラグラ、位の揺れはあるのですが、
ほんとに、ドキドキします。
いやなもんですよ。
  1. 2011/01/17(Mon) 22:36:10 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: 今日でしたね。

ねぇーねぇーさん、こんばんは(*^_^*)

> ほんとにこの寒い時期に・・・
> 大変だったでしょうね。

よりにもよって、冬でしたものね。
火事が起こったのも、寒さで風邪が流行ったのも、
冬だったから、ということは大きかったと思います。

> まだ海のない県にいた頃なんですが、
> 親戚がいたものですから
> もう慌てちゃいました。
> こどもがまだ小さくて動けないのが
> 辛かったですね。

私も、親戚がいましたが、電話がなかなかつながらなくてね。
心配しました。

> 自然の災害にはほんとかなわないですね。

こういう災害は、
人間の力ではどうすることも出来ない事ですものね。
それでも、被害が最小限になるように、
なんとかできないものでしょうかね。
  1. 2011/01/17(Mon) 22:41:44 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yokoさん、こんばんは(*^_^*)

> 淡路大震災は 私の誕生日の翌朝だったのもあり、
> よく覚えています。
> 朝、めざましテレビをつけたら八木アナウンサーの目が真っ赤で、
> 映像を見た時は一瞬戦争が始まったのかと思いました。

そうですね。お誕生日の次の日ですね。
私も、映像を見たときは、
戦争を思いました。

> あれから16年も経つんですね。
> 今もその傷を背負って生きておられる方達が沢山いらっしゃるでしょうね。
> 沢山の悲しみの中 復興した神戸。
> どんなにつらかっただろうという思いと、復興した神戸の映像を見て、
> 人間って強いんだっていうことも改めて思わせてもらいました。

何年たっても、忘れることは無いんでしょうね。
それでも、生き残ったものは、
生きていかなくてはなりませんから。

> 『その街のこども』 観てみたいです☆

またテレビでやればいいのにな。
ドキュメンタリー風で、森山君の演技も自然で、
だから余計に、真実味があります。
  1. 2011/01/17(Mon) 22:45:31 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asuka0102.blog47.fc2.com/tb.php/690-5a528b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。