ふゆのそら

日記やそのつど感じたこと、好きな本や映画について かいてみたいとおもいました。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




私の好きな桜パート2 :: 2011/04/11(Mon)
P1000026.jpg
嵯峨野の広沢の池というところに、ある、1本桜です。
(よくここで、時代劇が撮影されています)

ここの近くに佐野藤右衛門さんという、桜守の方が住んでいらして、
この桜は、その藤右衛門さんの桜です。

この藤右衛門さんは、天保3年より、植木職人として京都・仁和寺御室御所に仕えてきた
“佐野藤右衛門”の16代目。
明治より造園業を営み、14代目より日本各地の名桜の保存につとめる「桜守」を継承されました。
現在約200種を保存しているとか。
15代藤右衛門が育てた円山公園の枝垂桜は「祇園の夜桜」として親しまれています。

毎年必ず、ひと目会いに行きます。
自転車で、買い物のついでに、そっと、ひと目見て行きます。

この桜も、ここ数年が、盛りです。

有名な円山公園の桜も、確か、2代目です。
この2代目さんも、以前は、堂々とした姿が、それはもう圧巻でしたが、
だいぶ、歳をとってきました。

高台寺の有名な枝垂桜も、2代目です。
2代目に植えかえた頃は、まだ若木で、とても寂しいものでしたが、
今では、見事に咲き誇っています。

小さいころから見ている桜は、
まだ若さが残る頃、
咲き誇ってる頃、
だんだん衰えてくる頃・・・
長い年月をかけて、
人の人生のような姿を私たちに見せてくれます。

桜を好きなわけは、そういうところにあるのかもしれません。

梅や、桃のように、つつましく咲いて、
いつの間にか、咲き終わる花と違い、
咲くときは、いかが?といわんばかりに、咲き誇る。
そして、歳をとってきたときも、
その衰えを隠すことなく見せて咲く。
人生の終わりの頃の寂しさに、やはり、美しさを、思います。


今日は、やっぱり、「桜坂」(*^_^*)
           
             ラジオお疲れ様でした。

あれから1ヶ月。
・・・3ヶ月・・・半年・・・1年・・・と、
時は過ぎてゆくのでしょうが、
みんなが立ち直るまでは、どれだけの年月がたとうとも、
忘れてはいけません。
スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:10



<<愚痴です | top | 私の好きな桜>>


comment

お見事~♪
代々の桜守がいらっしゃるなんて、初耳です。
桜にも歴史ありですね。
そして、桜を見る人にもそれぞれの歴史あり^^

今日TVで見た話なんですけど・・・
被災者のひとりである植木屋さんが、
「自然の驚異もあるけれど、自然のパワーも感じてほしい」と
公園の桜の手入れをされてました。
折れた枝にも蕾が膨らんでいるのを見て泣きそうになりました。
桜はきっと東北の人たちを勇気づけてくれるよね^^
  1. 2011/04/11(Mon) 19:35:54 |
  2. URL |
  3. yuko #-
  4. [ 編集 ]

桜守…
初めて知りました。
日本の情緒が作り出した仕事ですねぇ。

まさしゃんの『桜坂』
モデルの坂は実は我が家から徒歩圏内です。
住宅街の中にあります。
次男の通っていた小学校の近所です。
この歌が出た頃、この坂は観光客?でいっぱいで、地元の人間はちょっとビックリでした。 (^^;)
  1. 2011/04/11(Mon) 22:14:55 |
  2. URL |
  3. エンジェルキャッチ #.X1nSIf.
  4. [ 編集 ]

soraさんへ

こんばんは、soraさん。

え(゚○゚)!
見事な桜ですね。
円山公園の桜と思いました。

こんな、桜やったら時代劇に使いますよね。
すごいわ~。

佐野藤右衛門さん! 本当にご苦労様です。
来年も見事な桜を咲かせてくださいね。
と言ってしまいそうです。
  1. 2011/04/11(Mon) 22:45:31 |
  2. URL |
  3. リキ #oGaLIP1Y
  4. [ 編集 ]

すごい桜ですね

soraさん
自転車で 買い物ついでに
そっと こういう桜を眺めることができるって
すごいです

そうですね
桜・・・人の 長い 人生とかさなりますね
昨日 両親のところに 様子を見に行ってきました
父が随分 頼りなげで
きっと 父自身もそう思っているようで
少し切なくなって 帰ってきました
(ごめんなさい・・愚痴です) 
  1. 2011/04/12(Tue) 05:43:09 |
  2. URL |
  3. えぞももんが #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yukoさん、おはよう(*^_^*)

> お見事~♪
> 代々の桜守がいらっしゃるなんて、初耳です。
> 桜にも歴史ありですね。
> そして、桜を見る人にもそれぞれの歴史あり^^

若木の頃は、ひょろひょろで、頼りないですが、
年月をかけて、あんなに見事に花を咲かすようになるんですものね。
桜の木も、長い間に、周りの風景の変化とか、
いろんなことを見てるんでしょうね。

> 今日TVで見た話なんですけど・・・
> 被災者のひとりである植木屋さんが、
> 「自然の驚異もあるけれど、自然のパワーも感じてほしい」と
> 公園の桜の手入れをされてました。
> 折れた枝にも蕾が膨らんでいるのを見て泣きそうになりました。
> 桜はきっと東北の人たちを勇気づけてくれるよね^^

そうだったらいいなと思います。
植物は、人間よりも強いですから。
  1. 2011/04/12(Tue) 09:02:52 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

エンジェルキャッチさん、こんにちは(*^_^*)

> 桜守…
> 初めて知りました。
> 日本の情緒が作り出した仕事ですねぇ。

京都は、桜が多いですからね。
もともと代々植木氏職人さんだったのが桜守といわれるようになったのは、
14代目さんからだそうですが、
その方が、無類の桜好きで、
全国の接ぎ穂をもらって歩いたらしいです。

> まさしゃんの『桜坂』
> モデルの坂は実は我が家から徒歩圏内です。
> 住宅街の中にあります。
> 次男の通っていた小学校の近所です。
> この歌が出た頃、この坂は観光客?でいっぱいで、地元の人間はちょっとビックリでした。 (^^;)

今年も咲いてるでしょうね(*^_^*)
一応、春、桜、ということで、この季節になると、思い出します。
  1. 2011/04/12(Tue) 09:11:20 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: soraさんへ

リキさん、こんにちは(*^_^*)

> え(゚○゚)!
> 見事な桜ですね。
> 円山公園の桜と思いました。

円山の桜は、確か、15代目さん(佐野藤右衛門さんのお父さんです)が植えたのだと思います。
同じところに植えるのはあまりよくないそうなんですが、
京都市がどうしても同じ場所に、というので、
前の桜が枯れた跡に植えたようです。
確か、今、83歳ですね。

> こんな、桜やったら時代劇に使いますよね。
> すごいわ~。

この桜は、池の横の茶店にあるんですが、
電線が入ってしまうので、時代劇は無理なんです。
このすぐそばに広沢の池があって、
そこから渡し舟が出るシーンとか、
池のほとりで、密談するシーンとか・・・(笑)
水戸黄門さんは、昔、よく、撮影してましたよ。

> 佐野藤右衛門さん! 本当にご苦労様です。
> 来年も見事な桜を咲かせてくださいね。
> と言ってしまいそうです。

もう83歳だと思うのですよ。
跡継ぎは、いらっしゃるのかしら・・・
  1. 2011/04/12(Tue) 09:35:59 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

Re: すごい桜ですね

えぞももんがさん、こんにちは(*^_^*)

> 自転車で 買い物ついでに
> そっと こういう桜を眺めることができるって
> すごいです

桜の咲く頃は、つい、寄り道が多くなります(*^^)v

> 桜・・・人の 長い 人生とかさなりますね
> 昨日 両親のところに 様子を見に行ってきました
> 父が随分 頼りなげで
> きっと 父自身もそう思っているようで
> 少し切なくなって 帰ってきました
> (ごめんなさい・・愚痴です) 

そうですか。
ついこの間まで、頭が上がらず、こちらが頼ったりしていたのに、
気がついたら、
私のほうが、意見をしたり、頼られる側になっている。
私の母も、自分のお姉さんが癌でなくなってから、
急に歳をとりました。
ほんとに、あっという間に、頼りなげになりました。

せつない気持ち、わかります。
でも、お父さん自身も、自分で自分が、
歳をとったな、と、思ってらっしゃるんでしょうね。
うちの母もそうですもの。
親子とも、そのことに気付いてる。
お互い、せつないですね。
  1. 2011/04/12(Tue) 09:46:45 |
  2. URL |
  3. sora #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/04/12(Tue) 11:50:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/04/12(Tue) 14:37:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asuka0102.blog47.fc2.com/tb.php/775-3a37d1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。