ふゆのそら

日記やそのつど感じたこと、好きな本や映画について かいてみたいとおもいました。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




世界陸上 :: 2011/08/29(Mon)
家族で、人類最速の人、ボルトの100M決勝を、見てました。
まさかのフライング。
フライングをしたら即失格なんて、ルールが厳しくなりましたね。
長い間かけて積み重ねてきたものを、
その力を試して、みんなに見せつけるはずの瞬間が、
一気に、絶望へと変わりました。
ほんとに、悔しかったでしょうね。

それにしても、あんなことがあるんですねぇ。
作り物のドラマよりも、ドラマチックでした。
まだ200Mがあるので、頑張って気を取り直して、
最速の姿を見せてほしいです。

見ていて思うのは、、選手みんな、美しいなぁ、と、いうことです。
アスリートというものは、あんなに美しいんですね。
フォームが美しい人ほど強い、と、何かで聞いたことがあります。
走る姿、飛ぶ姿。ほんとにきれいです(*^_^*)
だからこそ、魅せられるんですね。

男子400Mに、義足の男性が出てらっしゃいました。
その方は、先天性の障害で、生後11カ月で両足の膝下を切断。
義足でスポーツに取り組んでこられました。
はじめ、弾力性のあるカーボン繊維製義足の「助力」のことで、
「義足は人間の足以上の反発力がある」
「乳酸など疲労物質が貯まらずペースダウンしにくい」など
義足ランナーの有利性が取りざたされ、議論されたようです。
一度は、参加を認められなかったんですが、
「義足が人間の足よりも優位であるという十分な証拠はない」ということで、
決定を覆されて、出場できることになったとか。
世界陸上の標準記録も突破し、大邱大会への切符をつかみ取ったのです。

結果は、予選通過はなりませんでしたが、
走れて、ほんとに、嬉しかったでしょうね。

ボルトも、この義足の選手も、他の選手も、
それまでに、ものすごい努力があって、ここにいます。
その、これまでの苦労の長さと比べても、
走る時間は、ほんの一瞬の時間です。

だからこその、ドラマなんですね。
これからの競技も、楽しみです(*^_^*)
P1050171_convert_20110828232634.jpg
空が、夏から秋へ、変わってゆきます。
スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<腹が立つ!! | top | 料理のできる息子>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asuka0102.blog47.fc2.com/tb.php/899-0a451fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。